フルHD対応 サラウンドビューシステム SVS-6004

大型トラックやトレーラー、重機など様々な車輌に“後付け”可能!
フルHDの高画質で運転時の死角をなくします。

サラウンドビューとは

サラウンドビューとは、車を真上から見下ろした様な「俯瞰映像」を作りだし、車の周囲360度を分かりやすく表示するシステムです。車輌に取付けられた4つのカメラ映像を合成し、精密な俯瞰映像を作りだします。

本製品は駐車時に便利なだけでなく、死角になりがちな斜め後方もしっかりと確認することができます。さらに、俯瞰映像と同時に個別のカメラ映像も表示されるので、バック時は後方の映像を表示してバックカメラ代わりに、左折・右折時は曲がる方向の映像を表示して巻き込み事故を予防します。

サラウンドビューの仕組み

車輌の4方向(フロント、リア、レフト、ライト)にそれぞれ設置したカメラの映像を合成し、車輌を真上から見下ろしたような俯瞰映像をモニター上にリアルタイムで表示します。

水平190度の超広角カメラを使用する事で車輌の周囲360度を隙間なく撮影し、その映像を合成する事で死角のない俯瞰映像が作成できます。

SVS-6004の特長

  • フルHD 1920×1080の超高解像度カメラによる、高精細な映像
  • つなぎ目のないリアルな俯瞰映像
  • 導入車輌にあわせた精巧な車輌イメージの提供
  • 運転操作のない時にも手軽に画面表示を切り替えられる固定ボタンの採用
  • オプションにて運行管理システム(FMS)機能を搭載可能

運転と連動する画面切り替え

モニター上の映像は、運転操作にあわせて自動的に切り替わります。ウインカー点灯時は左右の映像を表示し、バック時は後方の映像を表示するなど、運転時に見たい箇所を自動的に切り替えながら表示します。

フルHD高画質+IP69K対応の高耐久カメラ採用

本製品は、専用に用意された対角204度の超広角カメラを使用します。このカメラは、防塵・防水に対応しており、過酷な現場でも安定して動作いたします。

各車輌への導入イメージ

本製品は、トラックやトレーラ-、重機(バックホウやクレーン)の他、各種作業車や特殊車輌など様々な車輌への取り付けが可能です。

設置事例

以下、実際に導入頂いた企業様の設置事例となります。
(掲載許可を頂いた企業様のみ)

セット内容


製品仕様

本体仕様

映像入力 カメラ入力4系統 (1920×1080 AHD)
映像出力 HDMI 1系統 (1920×1080/1280×720)
AHDまたはCVBS 1系統
※HDMI+CVBSの同時出力可
Gセンサー 3軸Gセンサー
GPS 外付けGPSモジュール (GNSS対応)(オプション)
USBポート USB 3.0 :1ポート
機能 サラウンドビュー機能 (モニタリング)
取得済製品規格等 KC,CE,FCC,E-MARK
電源 12V車 / 24V車 対応(DC10V~DC32V)
消費電力 最大約11w(カメラ接続時)
動作温度 -20℃~70℃
寸法 130mm×140mm×40mm
重さ 約500g

カメラ仕様

解像度 FullHD 1920×1080
センサー 1/3” CMOSセンサー
画角水平 190度
垂直 128度
対角 204度
映像出力 AHD
F値 2.2
最低照度 0.1Lux
ホワイトバランス AWB
S/N比 45.3dB
ダイナミックレンジ 63.2dB
防水防塵 IP69K
電源 DC12V 約80mA
動作温度 -30℃~70℃
保管温度 -40℃~85℃
寸法 44mm×48mm×31mm
重さ 約44g(カメラケーブル含む)

 お問い合わせ窓口とご購入前の注意事項

  • 本製品には別途設置工事が必要となります。
  • 本製品は、運転の補助を目的としたものとなります。本製品の映像は、カメラの映像を合成して作られており、距離感、色味など実際の光景と異なる場合があります。
  • ご利用の際は、必ず目視でも周囲を確認してください。
  • 車種や車輌の形状、装備の形状によっては、カメラの取り付けが行えない場合があります。
  • 本製品を使用したこと、あるいは使用できなかったことにより発生した損害に対し、弊社では一切責任を負いません。